岩谷圭介氏の活動が10月18日の情熱大陸で放送。ふうせん宇宙撮影とは?

Pocket

子どもの頃、母親に風船買ってもらっては誤って手を離し、飛ばしてました。

遠くまで飛んで行く風船を(怒られながら)眺めてどこまで行くのか不思議に思ってました。

そんな思い出を蘇らせてくれたのが、岩谷圭介さんです。

iwaya

出典 http://fusenucyu.com/

「風船で宇宙を撮影する」なんて壮大でありながら、

誰もやったことのないことを岩谷さんはやっています。

そして、岩谷さんのその挑戦の模様が10月18日(日)「情熱大陸」で放送されます。

スポンサーリンク

岩谷圭介さんのプロフィール

 

岩谷圭介(いわやけいすけ)

1986年4月生まれの29歳(2015年10月現在)

北海道大学工学部卒業

船で宇宙を撮影しようと思ったきっかけは、

大学在学中にアメリカの学生が風船で宇宙撮影を成功した記事を見て、

自分も始めたのだそうです。

どんな風船を使ってるの?

「ふうせん」というと、私達が思い描くのは

風船

こんな感じを連想しますが、

岩谷さんが使用する「ふうせん」は一般的なふうせんとは違って、

「高高度気球」というものをを使っているようです。

高高度気球とは高層大気に気球のことで、ヘリウムが入っています。

53kmもの高さまで到達することができるのです。

気球の膜は高度でも耐えうるように厚いのかと思いましたが、

逆に薄膜であることが主流で、

更に薄くするための開発が進んでいるようです。

この気球を使って宇宙を撮影することを岩谷さんは

ふうせん宇宙撮影」と名づけています。

 

岩谷圭佑さんの仕事ってなに?

肩書は「ふうせん写真家」だそうです。

また、2013年7月~2014年9月まで札幌日大高校で講師を務めていました。

講演活動、出版活動もされているようです。

また、次の目標は「深海に挑む」のだそうです。

深海の撮影はどのようにするのでしょうか?

深海用のバルーンですかね。夢が広がりますね。

まとめ

ひとつの記事をきっかけに、自分の進む道を切り開いた岩谷さん。

岩谷さんはこんなことを仰っています。

私の切り開いた風船を使った宇宙撮影で、

もはや宇宙は一部の国家やお金持ちのものではなくなりました。

私の挑戦を通して、宇宙をとても身近に、

そして夢はすぐそこに広がっていることを感じてもらえたら嬉しいです。

そして、夢を追う若者が増えていくことを願っています。

そして「ふうせん宇宙撮影をやってみたい」という方のために、

岩屋さんのブログでは、バルーンに必要なもの、飛ばす場所、

保険、法律の問題など次世代を担う若者たちのために色々と情報公開しています。

10月18日放送の「情熱大陸」ではどんな素顔が見れるのか、楽しみにしています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク