【週刊文春】今度は元少年Aの素顔写真掲載か?文春記者にブチ切れ


2016年になって週刊文春の名を聞かなかったことはないほど

たくさんのスクープを報じていますが、

またまた文春砲が炸裂することになりました!

2016年2月18日発売の週刊文春に

神戸連続児童殺傷事件」の犯人として逮捕された元少年A

素顔写真を掲載するという。文春記者にブチ切れしたとの噂もあり、

なぜこのような事態になったのか調べてみました。

スポンサーリンク

元少年A(酒鬼薔薇聖斗)とは

1997年に神戸で起きた凶悪事件の犯人です。

犯人の年齢が14歳だったということも大きな話題となりました。

未成年のため名前は公表されずに「少年A」と表現。

酒鬼薔薇聖斗」は犯行声明を出した時に使った名前です。

 

文春記者が語る経緯

1月26日、文春記者が元少年Aの住所を調べ、

取材を試みようとしたところ、

「命がけで来てんだろ?」「お前名前と顔を覚えたぞ」

と威嚇して約1キロ渡って文春記者を追いかけたそうです。

元少年Aは長野や愛媛など住まいを転々としていたようですが、

現在は都内アパートに住んでいたそうです。

 

元少年Aの収入は?

昨年6月、元少年Aが執筆した「絶歌

が現在25万部まで版を重ねているといいます。

この本の印税で「遺族に経済的なつぐないをしたい」

と話していたそうですが、真意はどうなのか?

この本については、遺族の同意を得ていないこともあり、

印税目的では?との批判も多いようです。

またホームページも開設し(現在は閉じられている)、

遺族らの神経を逆なでするような行動に本当に更生しているのか

疑問視される。

そのあたりも2月18日の週刊文春で語られるのでしょうかね。

ちなみに、本の印税はおよそ5000万円だとも言われており、

結局使い道は本人の意志によるものなので、気が変わったらそれまでですよね。

また、同棲(結婚?)している女性もいるとか?で、

生きていくためにはお金は必要ですが、

もしそれが自分の生活の為だけに使っていると思うと

なんかやるせない気持ちにもなります。

スポンサーリンク

事件当時の写真はコレ

あまりにも凄惨な事件だったために

当時週刊誌には未成年にも関わらず、

本人の顔を掲載していました。

 

14歳当時の元少年A(酒鬼薔薇聖斗)の写真はこちら

sakakibara2

 

そして現在は33歳とのことで、

週刊文春で掲載される「顔」とは

どのような顔をしているのでしょうか。

気になりますね。。

ネット上の反応は?

まとめ

・元少年A、突撃取材した記者に恫喝

・2月18日の週刊文春で元少年A(酒鬼薔薇聖斗)

 33歳現在の素顔も公開

・元少年Aは現在都内アパートに住んでいた

・本を出版し、印税暮らし?ホームページも立ち上げる

→その行動に本当に更生しているのか疑問視される

 

素顔公開とこれまでの取材を公表することにより、ま

た世間を騒がせることは間違いなさそうです。

そしてそれが元少年Aにどんな影響を与えるのか?

その行方を追っていきたいと思います。

それにしても週間文春がここまでやるとは、、

去年までそれほどスゴイとは思わなかったが、

スクープ溜めしていたのか??とにかくそのすごさには驚かされるばかりだ。。

スポンサーリンク