「スター・ウォーズ フォースの覚醒」の日本語字幕版の予告編が公開。2分16秒の映像には何が。


『スター・ウォーズ フォースの覚醒』が、

2015年12月18日より全国公開されます。

それに先駆けて、映画本編予告動画が配信されました。

その長さは2分16秒。

気になる内容を調べてみました。

スポンサーリンク

物語は前作「ジェダイの帰還」から約30年後を舞台としています。

顔は覆われているので、分かりませんが、おそらく主人公である

レイ(デイジー・リドリー)が宇宙船内部を歩くシーンから始まります。

砂漠をあるくレイと新たなドロイドであるBB-8の姿も写ります

コロコロしていてなんかカワイイ。

次に出てくるのはストームトルーパー姿の

フィン(ジョン・ボイエガ)は脱走兵なのかな?

今後レイと一緒に戦うことになりそうな予感。

そして、一番気になるシーンは

私があなたの意志を受け継ぐ

というところ。

そこで朽ち果てたダースベイダーのマスクが登場します。

このシーンだけで、「戦い」が予感できますね。

十字型のライトセーバーも出てきますし、

きっと悪役のカイロ・レン(アダム・ドライバー)が使用するのでしょうね。

さらに進み、

「ダークサイド」も「ジェダイ」も実在すると言っています。

そしてタイトルであるフォースの覚醒は誰がするのか?

謎を残しながら予告編は終了します。

まとめ

この予告編を見た正直な感想は物足りなさを感じますが、

これが普通の映画だったら「見たい!」って思いませんが、

スターウォーズですからね。

あえてメインとなる見せ場は出していないのでしょう。

ちょっとサスペンスチックな作りで、

スターウォーズ感が少ないような気がしますが、

予告第一弾なので、第二弾あたりから

もう少し見せ場が出てくるのではないでしょうか。

また、旧シリーズからルーク(マーク・ハミル)、

ハン・ソロ(ハリソン・フォード)、

レイア(キャリー・フィッシャー)、

そしてC-3PO、R2-D2も登場するので、

旧シリーズファンも感涙の作品になると思います。

12月18日(金)18時30分全国一斉公開されます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク