石崎徹議員 週刊新潮でスキャンダル発覚!セクハラ&二股疑惑で第2のゲス議員に


石崎徹議員(自民党)にスキャンダル発覚か?

3月16日発売の週刊新潮でセクハラや二股疑惑について報じています。

宮崎議員の件で大騒動になった国会議員の女性問題ですが、

ここへ来てまた不祥事が起きてしまったのでしょうか。

「ゲス議員」の烙印が押されてしまうのでしょうか。

調べてみました。

スポンサーリンク

石崎徹(いしざき とおる) プロフィール

出典元:https://twitter.com/tohruishizaki

出典元:https://twitter.com/tohruishizaki

生年月日:1984年1月25日(2016年3月現在 32歳)独身

出身地:新潟県新潟市

出身大学:慶應義塾大学法学部政治学科卒

慶応卒業後、2007年に財務省に入省しています。

2010年内閣官房に出向。国家戦略室主査を務める。

安倍チルドレンの一人として2012年には初当選し、

現在は婚活・街コン推進議員連盟、イクメン議員連盟などに所属しています。

初当選については当時最年少での当選だったようで、

自民党青年局次長も務めているので、エリート街道まっしぐらな感じですね。

ちなみに宮崎議員とは同期なのだそうです

石崎徹のセクハラ疑惑

週刊新潮の記事内容を見ますと、

1回目は2014年4月12日、秘書として採用した女性(30代)に対し、

「キスを迫る」「胸を触る」「ホテルに誘う」などした疑いがあります。

そして2回目は翌日車内で後部座席に誘い出し、

「キスを迫る」「体を触る」など前夜と同じ行動をとったそうです。

その秘書は採用1ヶ月で辞めたそうです。

(当選回数と同じ)2回もしているのですね。

その事実を示すメモもあるのだとか・・・。

スポンサーリンク

石崎徹の二股疑惑

2014年4月頃石崎徹議員は新潟のテレビ局の女性記者と同棲していたそうですが、

自民党の先輩議員:丹羽秀樹衆院議員の秘書とも交際という

いわゆる“二股”をしていたそうです。。

丹羽議員の事務所の反応は

「プライベートなことなので、詳細は答えられない。

ただ、その秘書が2015年9月末に辞めたのは事実です」

と週刊新潮記者に回答しているとのことです。

事実だとすれば、セクハラと二股は同時期に行われていたことになりますね。
ゲスですね~

永田町関係者の話では

「以前から、永田町では『いつか女性問題が出るぞ』と心配されていて、

とうとう報道された形です。地元でもすぐに若い女の子に声をかけるので、

『発展家』と呼ばれていました」

まあ、二股に関してはよろしくはないですが、

石崎徹議員は独身の身なので、

大きな問題にまでは発展しないでしょうけど、

セクハラはまずいですよね。

宮崎議員のように袋叩きにあうこと必至です。

石崎徹の反応は?

この件について、石崎議員は報道を否定しています。

「このような一部週刊誌に記事が出ること自体不本意」

と話しています。

当事者である元秘書が表に出てきたらどうなってしまうのでしょうかね?

真実を語ってもらいたいです。

ネット上の反応

 

最後に

今年は不倫・賭博・薬と暗いニュースが続いていますね。

そうした事件が多くて、一つ一つがわりと早く忘れられていっているような気がします。

あれだけ騒がれた宮崎議員も今どうしているのか?

なんてニュースにも出てませんしね。

石崎議員の件も、問題になったわいいが、すぐに忘れ去られるのかなあ。

いくらエリートでも、議員になる資質があるとしても

プライベートなところまではチェックできないので、

私達も選別するのは難しいですよね。

それにしても最近の国会議員はスキャンダルが多くないですか?

なんとかなりませんかね。

スポンサーリンク

 

3 件のコメント

  • ゲスの極みは新潮社
    このネタは各社にばら蒔かれたが、被害者とされる元秘書がセクハラを否定したため、裏が取れていないから新潮社以外報道無し。(スポーツ紙は新潮社発として報道)
    後援会長が暴露しているないようになっているが、後援会長も怪文書の内容を否定しているのに、反対の書いた。(普通これだけ暴露したら後援会長を辞めると思うが、辞めていない)
    新潮社はこのところ、文春に水を開けられ焦ったのだろう。これからウソの報道に代償を支払う

    • 貴重なご意見ありがとうございます。
      仰っていることが真実であればの話ですが、新潮社の勇み足だったということになりますね。
      とにかく真実が知りたいです。

  • 大体よく読むとダイニングバー(大衆の面前)で「ここでしようか?」と言うわけない(変態、露出狂か)。報告書なのに三文エロ小説みたいな文体で、ビジネス書になっていない。
    セクハラは親告罪だけど、2年間元秘書は親告していない。本来こういった記事は被害者の訴えが基本だが、被害者のコメントを取っていない(元秘書がセクハラを否定している)
    無理筋は沢山ある。だから他のメディアは取り上げない。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です