【ドラフト会議】ヤクルト真中監督が勘違いした「当たりくじ」と「外れくじ」の違いは?

Pocket

 

2015年10月22日、毎年恒例のドラフト会議が行われました。

今年のドラフトでは1位指名候補が高校、

大学から多く出ているので豊作の年と話題となっていましたが、

別の意味で話題をかっさらっていった方がいらっしゃいました。

それがヤクルトの真中監督です。

真中監督が勘違いしたというくじ。

当たりくじ」と「外れくじ」の違いについて調べてみました。

スポンサーリンク

競合(抽選になった)した経緯とその後

明治大学の高山俊外野手を巡ってヤクルト阪神1位指名したことにより、

交渉権をかけたくじ引きになりました。

同時に封を開けるのですが、

ヤクルト真中監督は封を切った瞬間にガッツポーズで喜びます。

 

方や阪神金本監督は隣で真中監督が喜んだものだから

自分のくじを開けずに席に戻ります。

 

真中監督はインタビューにも応じ、高山選手に向かって

 

一緒に神宮でがんばりましょう

 

とメッセージまで送ってしまいました。

中継ではここまでで、いったんCM。

そしてCM後なんかざわついている。。

なんと、当たりくじを引いていたのは金本監督だったんです。

真中監督はなぜ間違えたのか?

まずは画像を見ていただきたい。

右が当たりくじ。左が外れくじ。

mihon

 

 

 

 

 

 

これは間違えやすいですよね。

 

当たりくじには「交渉権確定」の印字があり、

 

外れくじには「NPB」の印字があるのです。

 

「外れくじ」はほとんどの人が思う白紙ではないのです。

 

めっちゃ喜ぶ真中監督と外れくじ

manakahazure

出典元:http://news.biglobe.ne.jp/sports/1022/8059802334/jjp_jjp_m0020142087_jpg.html

まとめ

真中監督も初めてのドラフト会議で、

初めての抽選に挑んだわけで、緊張していたのでしょうね。

事前に説明はあったのだと思いますが、

1位指名が競合し、

自分の右腕にかかっているとなれば、

そりゃ頭も真っ白になりますよね。

なんか文字が書いてあれば当たり!って思いますよね。

小さいころ、食べたアイスのバーになんか文字が書いてあるのを発見したら

「あたったー!」って喜びましたよね。

そんなもんです。

そんなもんなんですが、

やっぱりわかりやすくしましょうよ。

○か×でいいんじゃないでしょうか。。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

photo by: