山本耕史「ボクらの時代」で話した40通の手紙の真相とは?新幹線で変装も


先週に引き続き、山本耕史、香取慎吾、遠藤憲一の3人がフリートークをする

「ボクらの時代」が10月25日放送されました。

注目は40通の手紙と新幹線でのエピソードについて話してくれました。

果たしてその真相は?

関連記事:山本耕史 「ボクらの時代」で結婚生活での水道代暴露。

スポンサーリンク

40通の手紙=40通のラブレターではない。

堀北さんは当時、舞台が3回目だったようで、

 

数多くの舞台をこなしている山本さんは最初は

「ここはこうしたほうがいいよ」

などのアドバイス的な手紙を出していたそうです。

 

その総数が40通にもなったとうことでした。

 

すると堀北さんから

「もう手紙大丈夫です」と言われ、

普通に会話するようになれたということです。

確かにこれだけの手紙をもらったら、そうなりますよね。

 

でも一瞬この言葉って、

もう何もするなって(迷惑)だということなのかなと思ってしまいますが、

 

わざわざ手紙で書かなくても

言葉で言ってもらえればってことだったんですね。

 

そこから愛が深まっていったんですね~。

関連記事:山本耕史 「ボクらの時代」で結婚生活での水道代暴露。

 

「新幹線に勘で乗って偶然出会った」という真相は?

夜電話して、翌日何時に京都入りするのかということも聞いていて、

女が乗る時間の大体のヤマをはったそうです。

 

だから勘で乗ったという報道は合っていたとうことになります。

山本さんが新幹線に乗っているときに「今どこ?」と聞いて、

「まだ家」とヤマが外れたこともあったそうで、

 

そんなことを繰り返すうちに、同じ新幹線で出会えたんですね。

そして、新幹線内では報道通り変装していたようです。

バレてはいけないと思って結構な変装をしたとのことでした。

 

気になりますね~

 

また、そこで渡したとされる指輪は結婚指輪ではなく、

かわいい感じの指輪を買ったけど、重い感じになるかと思い、

そこでは渡さなかったようです。

 

舞台打ち上げ時に渡したのだとか。だからプロポーズもしていないようです。
結果、新幹線でのエピソードは出会えただけということですね

でも変装した姿が息つぎもできないくらいに笑われたので、

そこでもまた親密になれたのですね

 

山本耕史の気配り

堀北真希さんはノースキャンダルだったので、

初めてのスキャンダルが「結婚」ってかっこいいって

思ったようです。

 

堀北さんがいろいろ聞かれるより自分が喋ったほうがいいと

感じた山本さんですが、喋ったことにより思いのほか叩かれた

と仰ってました。

 

突然の結婚報道でしたから嫉妬する男性も多かったようですね。

山本さんも叩いた人は覚えてると言ってます。

こわいですよ・・・山本さん・・・。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事:山本耕史 「ボクらの時代」で結婚生活での水道代暴露。

スポンサーリンク