リオ五輪サッカー日本の対戦国(ナイジェリア・コロンビア・スウェーデン)メンバー発表!注目選手は?TV中継は?

Pocket

こんにちは。konです。

リオ五輪(リオオリンピック)まであとわずかとなりました。

いち早く試合が行われるのがサッカーです。

そして日本の対戦国であるナイジェリア・コロンビア・スウェーデン

メンバーが発表されましたね。各国のOA枠(オーバーエイジ)や

注目選手やTV中継について調べてみました。

スポンサーリンク

ナイジェリア代表メンバー

現地時間でいうと開会式前日の8月4日に対戦するナイジェリア代表。

FIFAランキングでは日本よりも下に位置していますが、ぜったいに侮れません。

というのも日本のいるグループBは各大陸の王者が集うグループであり、

アフリカ王者がナイジェリアです。

 

そして過去アトランタオリンピック(1996)で金メダルを取っている国でもあります。

過去のオリンピックでの2度(アトランタと北京)対戦しています。

その成績は2敗。オリンピックでは勝てていません。

それはなんと言っても身体能力の高さからくる攻撃力でしょう。

A代表でもそうですが、身体能力高い国との対戦はあまりいい結果が出ていません。

いかに攻撃を潰せるかによります。ですが、守備が甘いとも言われています。

また、点差がついてしまうとやる気がなくなるのが、

アフリカ勢の特徴でもありますので、できるだけ早い時間帯に先制点を取りたいですね。

 

注目の選手はジョン・オビ・ミケル

注目の選手はオーバーエイジ枠で入った

チェルシーのMFジョン・オビ・ミケル

出典元:http://qoly.jp/

出典元:http://qoly.jp/

強烈なタックルと高い守備能力、ミスの少ないパスが特徴の

トップクラスの守備的MFと言われています。

ですが、カッとなるタイプらしく、それが原因で退場になることもしばしば。。

ミケル選手を苛立たせるプレーをすることも勝つためには必要なのでしょうね。

 

他に注目されていたのが

マンチェスター・シティのFWケレチ・イヘアナチョ、

アーセナルのFWアレックス・イウォビ、チ

ェルシーのDFケネス・オメルオらは招集されませんでした。

 

ミケル選手以外のオーバーエイジの選手はA代表の経験すらないといいいます。

それだけナイジェリアの台所事情は深刻なのでしょうか。

ナイジェリア代表監督のコメント

出典元:http://qoly.jp/

出典元:http://qoly.jp/

そんな深刻な状況は監督のコメントからも察して取れます。

 「我々は金メダルを狙うことはできないよ。金を無心しているような状況なのだから。

いいイメージではないよ。ナイジェリア五輪代表チームをケアする人々が、

周りに対して物乞いのように金を無心しようとしているのはね。

どうやって金メダルを獲得しろというんだい? 

選手を世話するため、乞食のようにお金を求めなければならないのに。

 我々には金がない。アメリカでキャンプを行っているが、なにも金がない。これは大きな問題だよ。

 手元には本当に金がない。どこからも資金がやってこない。これは良いことではないよ。

資金難と言われていましたが、ここまでとは・・

選手のモチベーションにも影響してきますね。

ナイジェリアのサムソン・シアシア監督が選んだ18人は下記のとおりです。

GK
 1 ダニエル・アクペイ(チッパ・ユナイテッドFC/南アフリカ)※オーバーエイジ

18 エマニュエル・ダニエル(エヌグ・レンジャースFC/ナイジェリア)

DF
2 ムエンフー・シンセレ(ラプソディFC/ナイジェリア)

3 キングスレイ・マドゥ(ASトレンチン/スロバキア)

4 アブドゥライ・シェフー(ウニオン・マデイラ/ポルトガル)

5 サタデー・エリムヤ(カイセリ・エルチイェスポル/トルコ)

6 ウィリアム・トロースト・エコング(FKハウゲスン/ノルウェー)

15 ンディフレケ・ウドー(アビア・ウォリアーズFC/ナイジェリア)

16 スタンリー・アムジエ(オリャネンセ/ポルトガル)

MF
 8 オゲネカロ・エテボ(CDフェイレンセ/ポルトガル)

10 ジョン・オビ・ミケル(チェルシー/イングランド)※オーバーエイジ

12 ポポーラ・サリウ(セライン・ユナイテッド/ベルギー)

14 オケチュク・アズブイケ(イェニ・マラティアスポル/トルコ)

17 ウスマン・ムハメッド(ウニオン・マデイラ/ポルトガル)※オーバーエイジ

FW
 7 アミヌ・ウマル(オスマンルスポルFK/トルコ)
9 アイモー・エゼキエル(アンデルレヒト/ベルギー)
11 オルワフェミ・アジャイ(SCスファクシアン/チュニジア)
13 サディク・ウマル(ローマ/イタリア)

 

スポンサーリンク

コロンビア代表メンバー

第二戦で対するのがコロンビアです。

ブラジルW杯ではケチョンケチョンにやられた相手です。

またブラジルで戦うことになりました。

W杯同様コロンビアのサポーターが大勢かけつけますので、

ほとんどアウェー状態になります。気候の面でもブラジルと似ているので、

日本にとってはデメリットなわけですが、

ーバーエイジはコパアメリカに出場した影響から、

ハメス・ロドリゲス、ファルカオらスター選手を

招集することはできなかったことが利点の一つかもしれません。

注目選手はグティエレス

出典元:http://www.sanspo.com

出典元:http://www.sanspo.com

派手さはないが基本に忠実なゴールゲッター。

ラインの抜け出し、ゴール前のポジショニングなど

ペナルティーエリア近辺での駆け引きがうまい選手で、

ディフェンダーが嫌がるタイプだそうです。

彼がエースナンバー9番を背負うことになりそうです。

コロンビア代表メンバーは下記のとおりです。

GK:

クリスティアン・ボニージャ /(アトレティコ・ナシオナル)

ルイス・ウルタド / (デポルティボ・カリ)

DF:

クリスティアン・ボルハ / (サンタフェ)

デイベル・マチャド / (ミジョナリオス)

フェリペ・アギラル / (アトレティコ・ナシオナル)

エリベルトン・パラシオス / (デポルティボ・カリ)

デイビ・バランタ / (ジュニオール)

ウィリアン・テシージョ / (サンタフェ)※オーバーエイジ

MF:

セバスティアン・ペレス / (アトレティコ・ナシオナル)

ウィルマル・バリオス / (デポルテス・トリマ)

アンドレス・ロア / (デポルティボ・カリ)

ケビン・バランタ / (デポルティボ・カリ)

ジェフェルソン・レルマ / (レバンテ/ESP)

FW:

ハロルド・プレシアド / (デポルティボ・カリ)

ミゲル・ボルハ / (アトレティコ・ナシオナル)

アンドレス・レンテリーア / (ケレタロ)

テオフィロ・グティエレス / (スポルティング/POR)※オーバーエイジ

ドルラン・パボン / (モンテレイ) ※オーバーエイジ

 

スウェーデン代表メンバー

第三戦で戦うことになっているスウェーデン代表ですが日本よりもランキングは格上。

そして欧州王者でもあります。

欧州峡谷でもあるドイツ、イタリアやイングランドを退けて優勝した

背景には徹底した守備からのカウンター攻撃があります。

日本もどちらかというとそのタイプなので、

スウェーデンとの対戦は拮抗すると思います。

スウェーデンとのオリンピックの対戦は1度ですが、

それも1936年です。そのとき勝っていますが、あまり参考になりません。

注目選手はタンコビッチ

当初発表されたときの注目選手としてスウェーデンの

レジェンドストライカーであるヘンリク・ラーションの息子、

ヨルダン・ラーションでしたが、

ヘルシンボリの監督を務める父・ラーションが五輪行きを拒否してしまいました。 

その理由が、

「我々には現在2人のストライカーしかいないことだ。ヨルダンがリオ五輪に出られなくなる状況は理解している。

良い経験をすることができていたのは明らかだし、残念に思っている。だが、これもサッカーなんだ」

と説明し、リオ五輪中もリーグ戦は行われ、

ヨルダン・ラーションを五輪に派遣することを拒否したのだそうです。

これにより、注目選手を挙げるとすると、ムアメル・タンコビッチ選手です。

19歳でA代表に選出された経歴を持つ選手です。

ボスニア・ヘルツェゴビナの国籍もあり、同国のスター選手ジェコ

直接説得に訪れたというほどの逸材ですが、スウェーデン国籍を選びました。

リオ五輪スウェーデン代表メンバーは下記のとおりです。

GK
ティム・エルランドソン(ノッティンガム・フォレスト)

イェスパー・ヨハンソン(GAIS)

DF
パ・コナテ(マルメ)

アレクサンデル・レクセル(ヨーテボリ)

アダム・ルンドクビスト(エルフスボリ)

アレクサンデル・ミロセビッチ(ベシクタシュ)※オーバーエイジ

ヨアキム・ニルソン(エルフスボリ)

ノア・ソンコ・サンドバーグ(スンドバル)

セバスティアン・ヘドランド(カルマル)

MF
アリ・スリッチ(チェルシー)※離脱

ヤコブ・ラーション(ユールゴーデン)

アストリト・アイダレビッチ(エーレブルー)※オーバーエイジ

アレクサンダー・フランソン(バーゼル)

アブドゥラーマン・ハリリ(メルシン・イドマン・ユルドゥ)※オーバーエイジ

アドナン・マリッチ(スウォンジー)

ケン・セマ(エステルスンド)

ロビン・クアイソン(パレルモ)

FW
ミカエル・イシャク(ラナース)

ヨルダン・ラーション(ヘルシンボリ)※離脱

ムアメル・タンコビッチ(AZ)・・・

シモン・ティブリング(フローニンヘン)

TV中継日時

注目のTV生放送の時間です。日時は日本時間です。

8月5日(金)

午前9時45分~(キックオフは午前10時)
【グループB】ナイジェリア – 日本
[地上波] NHK総合

8月8日(月)

午前9時40分~(キックオフは午前10時)
【グループB】日本 – コロンビア
[地上波] フジテレビ
[BS] NHK BS1

※NHK BS1での中継は午前9時50分から

8月11日(木)

午前6時45分~(キックオフは午前7時)
【グループB】日本 – スウェーデン
[地上波] TBS
[BS] NHK BS1

※NHK BS1での中継は午前6時50分から

スポンサーリンク