坂本ちゃんがしくじり先生に出演!電波少年でブレイクも家族と絶縁?

Pocket

こんばんは。konです。

坂本ちゃんしくじり先生に出演されます。

知っている人は少ないと思いますが、

『進ぬ!電波少年』という番組の企画で東大を目指す

芸人として一躍人気者になりました。

そんな坂本ちゃんが

金銭トラブルで家族と絶縁しないための教訓」の授業をします。

ブレイク時には年収8000万も手にしていた彼(?)に

いったい何があったのでしょうか?

スポンサーリンク

坂本ちゃん プロフィール

出典元:http://okmusic.jp

・本名:坂本 恭章(さかもと やすあき)

・生年月日:1966年4月2日 (2017年2月現在 50歳)

・出身地:山梨県

さすがに電波少年出演当時は若いですね!

坂本ちゃんブレイクのきっかけ

「進ぬ!電波少年」の企画『電波少年的東大一直線』

で部屋に缶詰状態で東大合格を目指す芸人に選ばれたのが坂本ちゃん。

当時34歳。

家庭教師のケイコ先生と一緒に猛勉強の末、

東大は無理でしたが、日本大学を含む8校に合格しました。

その後、日本大学に入学するも7年通い中退。

その年にブレイクしたので勉強もできないくらい忙しかったのでしょう。

だって年収8000万ですからねっ!

 

坂本ちゃんの現在は?

バラエティ番組「幸せボンビーガール」が昨年放送されていましたが、

そこで見た坂本ちゃんの現在は貧乏生活になっていました。

築45年の風呂ナシアパートで、家賃48000円。

でも家の中には高級家具や洋服が!

そのわけは年収8000万のうち所得税を引いた

手取り5000万で豪遊生活を送っていたからだそうです。

・中目黒に住み、家賃16万円

・食費月100万円(主に叙々苑に通っていた)

・ハワイ旅行 1泊17万円の高級ホテル宿泊、

 飛行機はファーストクラス

・新宿2丁目でおよそ960万円使用。

・1か月の生活費200万円

と、散財していた様子。

そしてトドメは住民税が請求されること分かっておらず、

翌年800万もの税金を支払うことに。

やがて仕事も減り、お金も減り、今の生活になったみたいです。

現在は居酒屋で時給1000円のアルバイトと

家具を売って食いつないでるようです。

スポンサーリンク

家族と絶縁状態になったのはなぜ?

坂本ちゃんは3人兄弟の次男。

坂本ちゃんが24歳の時にお父様は他界。

家は貧しかったようですが、

やさしいお母様のもと幸せな生活を送っていたそうです。

坂本ちゃんがブレイクするまでは・・・・。

坂本ちゃんは1999年アルカリ三世というコンビを組んでいましたが、

若手時代はそれだけでは食っていけず、アルバイトも当然していたそうです。

その額月8万。
坂本ちゃんが「電波少年」でブレイクすると、

最高月収900万円!約100倍にも膨れ上がったのです。

「電波少年」はリアルタイムで見ていましたが、

坂本ちゃんの人気はすごかったですね。

当時、オネエキャラは今ほど多くなかったので、

それもあってか結構ウケてました。
そんな中、坂本家には借金があることを知り、

坂本ちゃんはお母さんに仕送りしていたそうです。

でも次第に仕送り額が増えていき、

弟からもお金のことで電話が掛かってくるようになってきたそうです。

やがてブームは過ぎ去り、坂本ちゃんにも試練が・・・

そう、仕事が無くなってきたわけです。

そうすると仕送りする余裕もなくなりましたが、

それでも母や弟からは電話がかかってくる始末。

このままではどちらもダメになると判断した坂本ちゃんは

引っ越しし、電話番号も変えて、

以降、13年間絶縁状態になっているのだそうです。

 

本人も知らなかった真実とは?

しくじり先生の公式ホームページには授業の最後に

「本人も知らなかった事実を知り、号泣」するとあります。

番組スタッフが坂本ちゃんに内緒である人物に取材しているとのこと。

家族が有力でしょうね。

だって坂本ちゃんは家族がなぜ借金を背負っていたのか

詳しく聞かなかったといいますし、

母親の面倒を弟に任せてしまっていることに対しても

心に引っかかるものがあるのだと思います。

これが誰なのか?どんな事実なのか?

放送見て判明すると思いますが、まさかケイコ先生じゃないよなあ。

スポンサーリンク