ミラーレス車解禁へ「カメラとモニター代用」でメーカーが開発へ向けて動き出す

ミラーレス車 モデルXの画像

交通事故減少の一手となるか?

自動車メーカーがミラーレス車の開発に着手するかもしれません。

全てのミラーをカメラモニターに代えることにより、運転時の死角を消すのだそうです。

国土交通省が2016年6月にも新基準が制定されるとのこと。

自動車メーカーもこぞって取り入れていくことになるこのミラーレス車

とはどんな車なのか気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

ミラーレス車の基準とは?

国連の「自動車基準調和世界フォーラム」が決めた基準は、

モニター代用の条件を

・モニター映像がミラーと同じ範囲、画質であること。

・従来のドアミラー、ルームミラーとほぼ同じ位置に設置すること。

・夜間でも肉眼と同程度に見えるモニターの明るさやコントラスト

としており、この基準を満たせば追加機能が認められるのだそうです。

 

ミラーレス車を開発するメーカーは?

開発メーカーが気になるところですが、

まだどの会社が作るということは明らかになっておりませんが、

スバルの「アイサイト」、日産の「アラウンドビューモニタ」が

カメラとしては一歩リードかなと思います。

ですので、この2社がまず先手を撃ってくるのではと考えます。

スバル アイサイトの画像

アイサイトの画像

出典元:http://www.subaru.jp/eyesight/

 

 

 

 

日産 アラウンドビューモニターの画像

アラウンドビューモニターの画像

出典元:http://www2.nissan.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

サイドミラーレスの車

サイドミラーレスの画像

出典元:http://carview.yahoo.co.jp/

 

 

 

 

 

 
サイドミラーレスにした場合、運転席ではこんな感じになるのでしょうか?

サイドミラーをモニター化した画像

出典元:http://clicccar.com

 

 

 

 

 

 

 

 

ミラーレス車の問題点は?

ミラーレスになるがゆえの問題点も出てきそうです。
例えばですが、

・モニターを気にしすぎて、追突。

・ミラーなら距離感がつかめるが、カメラでは難しい(慣れれば大丈夫か??)

・壊れた場合の修理費用が高そう。

・カメラ・モニターがたくさんあり、車重がかさみ、燃費がわるくなりそう

などが挙げられます。

こうしたことも想定して作り上げていくとは思いますけどね。。

まとめ

全ては安全性のため、死角になる部分を極力減らし、

交通事故の減少につなげるため新基準の制定と開発が行われることになります。

カメラはすでに日産のアラウンドビューモニターなど

実用的なレベルにまで達しています。

雨天時など視界の悪くなるときこそ、

カメラやモニターは真価を発揮すると思います。

基準制定後も当面の間はミラーとの併用になると思われますが、

近い将来、完全ミラーレスの車が登場するのでしょうね。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • ミラーレス車はかなりあぶないです。ドアミラーの下にモニターカメラを付けなければならないですね(ルームミラー)も含めて、スバルはアイサイト、日産はアラウンドビューモニターを設置されています。フロントビューカメラ、サイドドアミラーカメラ、ルームミラーカメラ、リヤビューカメラに映るモニター等(切り替え可能)を見て確認し、交通事故や死角を防ぎ、安全走行、車庫入れ等の安全性を高めます。

    • 仰るとおりだと思います。逆に事故になる可能性のほうが今は高いのではないでしょうか。
      利便性よりも安全性を重視しての開発を望みます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です