「あさが来た」の主題歌「365日の紙飛行機」が名曲である法則とは

紙飛行機飛ばそうとしている画像
Pocket

現在放送中のNHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」の主題歌でAKB48が歌う

365日の紙飛行機」が名曲だということで、

世代を超えてカラオケでもうたわれているそうです。

AKBに興味のない人でもこの曲で興味を持った人も多いみたいです。

そこには意外な法則がありました。

スポンサーリンク

主題歌に込められた思いとは

「365日の紙飛行機」の作詞はもちろん秋元康さんです。

そして今回の「あさが来た」のスタッフからドラマの話を聞き、

ヒロインの屈託のない生き方に「紙飛行機」という言葉が浮かんだそうです。

秋元氏のコメント

「紙飛行機」は無理に力を入れたり
考えすぎると上手く飛びません。
だけど上手に飛んだ時は
風と友達になるかのように
飛んでいきます。

物語のヒロインはきっと屈託なく、
 人生の空を飛んでいったのだと思います

また、音楽プロデューサーはキャンディーズ山口百恵さんを手がけた酒井政利さんという方で、

そういう方がプロデュースしているのであれば、なるほど、って感じです。

あの時代は歌い継がれる”名曲”が多かったですよね。

酒井氏いわく、「耳よりも胸に残る歌」と捉えているようです。
「“紙飛行機”は歌い出しを1人で歌うから、言葉がよく聞こえる。

最近のドラマ主題歌は極端な感情を歌にするケースが増えてきているのに対し、

おだやかで清楚。どの世代にも聞きやすい」

と分析しています。

私は「あの素晴らしい愛をもう一度」や「岬めぐり」に似た

フォークソングを感じさせるメロディーラインに癒されましたし、

歌詞も女性を応援する前向きな感じでとても良いと思いました。

きっと合唱コンクールでも歌われるようになるんでしょうね。。

AKB48:【365日の紙飛行機】

曲調が似ていると言われている「あの素晴らしい愛をもう一度

スポンサーリンク

「紙飛行機」が曲名となっている曲は?

「紙飛行機」という言葉がタイトルになっている曲を集めてみました。

19(ジューク):【あの紙ヒコーキくもり空わって】

19のセカンドシングルで代表曲でもある名曲。

解散して、今はそれぞれの道を歩んでます。。

一人は音楽の道を続けていて、もう一人は株で儲けてビル買ったとかって、TVでやってました。

コブクロ:【紙飛行機】

フジテレビ系列のドラマ「結婚しない」の主題歌になっていましたね。

前向きな気分にしてくれるメロディーと詩です。

藤井フミヤ:【紙飛行機】

作詞:藤井フミヤ 作曲:Char

ライブで盛り上がる曲。

紙飛行機まみれになるので大体最後の方に歌われることが多いですね。

フミヤの「飛ばせーーー」の掛け声とともにファンが投げ込む紙飛行機が圧巻!

他にも井上陽水さんの「紙飛行機」もありますが、

聴いていくと「紙飛行機」がタイトルに入ってる曲というのは

名曲が多いですよね。

紙飛行機」は

風の流れでどこへ行くのか?どこまで行くのか?分からないが、その予測できないところが人生と似ているから

人々が共感するのではないでしょうか。

いつか
【「紙飛行機」ヒットの法則】なんてのも出るかも・・・。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク