二宮和也主演の「赤めだか」立川談春も絶賛したキャスト陣と撮影秘話

赤めだか

2015年12月28日年末スペシャルドラマとして

TBS系で放送される二宮和也主演「赤めだか」ですが、

原作者は今テレビドラマに良く出ている落語家の立川談春さんです。

落語の世界を描いているこのドラマについて、

二宮さん演じる立川談春役については、本人よりお墨付きをもらっているそうですが、

脇を固める豪華キャスト陣も負けじと絶賛の嵐のようです。

撮影秘話も含めて見ていきましょう。

スポンサーリンク

あらすじとキャスト陣

ドラマ「赤めだか」は談春さんが落語家を目指して談志氏に入門し、

修業時代~真打昇進までを描いたエッセー集「赤めだか」を映像化したものです。

原作自体脚色した部分もあるということを談春さんご本人も仰っていたので、

完全ノンフィクションというわけではないようです。

danshun

 

 

 

 

 

 

 

出典元:http://www.amazon.co.jp

 

<キャスト>左が役名

立川談春:二宮和也
立川談志:ビートたけし

立川志らく:濱田岳
立川関西:宮川大輔
女将の娘:清野菜名
立川談かん:柄本時生
立川ダンボール:新井浩文

すし屋の大将:さだまさし
魚問屋の店主:柳家喬太郎

スペシャルゲスト(出演順)
春風亭昇太:春風亭昇太
春風亭小朝:春風亭小朝
中村勘九郎:中村勘九郎
三遊亭円楽:三遊亭円楽

魚河岸の女将:坂井真紀
志らくの祖母:正司歌江
談春の父:寺島進
談春の母:岸本加世子

高田文夫:ラサール石井
立川談々:北村有起哉
立川志の輔:香川照之
林 修一:リリー・フランキー

ナレーション:薬師丸ひろ子
ナビゲーター:笑福亭鶴瓶

スポンサーリンク

濱田岳さんと宮川大輔さんのコメント

立川志らく氏を演じた濱田岳さんは元々落語が大好きで、中でも
談春さんのファン。落語会にも行ったことがあるとのことで、

「赤めだかに参加できたことは光栄でした」と語っています。

また、演じた志らく氏については、

「もちろん志らくさんのことも存じ上げていましたが、

やはり実在する方を演じるのは緊張しました」

とも仰っています。

自分が大好きな方のドラマに出演できることは俳優冥利につきますね。。

濱田岳の落語画像

出典元:https://www.tvguide.or.jp/news/20151020/02.html

 

 

 

 

 

 

 

 

談春さんの兄弟子:立川関西氏を演じた宮川大輔さんは

「やっぱり落語家さんは違うなと。改めて尊敬しましたね。

なかなかできない経験だったので、たまらなくうれしかったですね」

とコメント。

その一方談春さんは二人の演技を見て、

 

役者さんってすごい。覚えて、それをやれと言われてもやれるんだもん

(役が)降りてきてましたよ、本当にそっくりだった!

 

と絶賛し、更に、

皆さんが演じている撮影を観ていたら、あの頃がスッとよみがえって泣けました。

皆さんが本物の兄弟子、弟弟子に見えてきて、

私が過ごした当時の空気のままになっていたから、

とても不思議な気がしました

と、感動されていました。

ニノが撮影中に食べるものは

二宮和也さんは撮影中では同じ物しか食べないそうです。

撮影初日に手にとったもので決まり、

それがコンビニで購入したものや、家から持ってきたものなど様々です。

「赤めだか」の撮影中では「納豆巻」だったようで、

「体力的に後半は辛かった(笑)」と話していました。

これも一種のルーティンなんでしょうかね。

でも、長い間納豆巻きは辛いですよね~

まとめ

二宮さんもラジオで話していたのですが、

ご存命の方の人生を演じるのは本当に難しいと仰っていました。

その理由は故人を演じるときは演じる側の主観である程度できるが、

ご存命の場合は演じる側、演じられる側、両方の主観がぶつかるから難しいのだと。。

でもメリットもあるようで、それは「直接話しを聞けること
だそうです。
きっと濱田岳さん、宮川大輔さんらも同じ気持ちだったのではないでしょうか。

確かに!その時の気持ちなど聞けば、役に入りやすくなりますもんね。

このドラマは単発で終わってほしくないキャスト陣ですよね。
連続ドラマとして制作して欲しい内容なので、
ぜひともお願いします。。難しいと思うけど・・。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク