木根尚登「しくじり先生」に登場!エアギターの真相と3つの才能

木根尚登しくじり先生にてエアギター
Pocket

木根尚登(TMネットワーク)さんが2016年1月11日の「しくじり先生」に出演されます。

『ギターが弾けないのに弾けるフリをしちゃった先生』として登壇するわけですが、

木根さんは決してギターが弾けないわけではありません。

エアギターだとというその真相と木根さんのマルチな才能について、

解説したいと思います。

関連記事:亀田大毅が「しくじり先生」に出演!今何してんの?ボクシングより絵描き好きってホント?

スポンサーリンク

30年間もエアギタリストだった理由は?

TMネットワーク結成のとき、

リーダーの小室さんから二人のキーボーディストは

必要ないということで、木根さんがギター(アコースティック)を

弾いていたこともあり、

ギター(エレキ)弾きなよ」と指示されたのが始まりだそうです。

アコースティックしか弾いたことないよ」と心配する木根さんに

小室さんは

音ださなければ大丈夫」とさらに指示。

ここから木根さんのエアギタリストが誕生したわけです。
では、本当に弾いていたのは誰かというと、

B’zのギタリストである松本孝弘さんです。

当時TMネットワークのバックメンバーとしてツアーに参加していたこともあり、

実力も折り紙付きだったので、演奏は任せていたそうです。

影武者ってやつですね。。

木根さんもずっと「エア」だったわけではなく、松本さんに教えてもらったりして、

終的にはエレキギターを弾けるようになったそうです。

さらに詳しいことはしくじり先生を見てみましょう。。

木根尚登しくじり先生登場

 

 

 

 

 

 

出典元:http://www.tv-asahi.co.jp/shikujiri/

木根尚登さんの才能①:キーボーディスト

木根さんは元々キーボディストであることは、ファンの間では有名な話で、

その技術は小室哲哉さんよりも上とのうわさもあるほどで、

ライブでもピアノを弾いていますしね。。

その姿はデビュー曲から披露されています。

TMネットワークデビュー曲「金曜日のライオン」PV

出典元:youtube

木根尚登さんの才能②:音楽プロデューサー

木根さんは作曲家としても活動しており、TMの曲はもちろんのこと、

数多くのアーティストに提供しています。

特に木根さんが作るTMネットワークの曲は「キネバラ

(木根のバラード)と呼ばれ、名曲が多いことで有名です。

私も木根さん作曲のバラードは大好きで、強いて挙げるとすれば、

STILL LOVE HER」(小室さんとの共作)はアニメ「シティハンター2」の

エンディングテーマで、木根さん作曲の中では一番知られているのではないでしょうか。

あとは
 「TIME PASSED ME BY」です。

小室さんよりビートルズの「イエスタデイ」みたいなの作ってよ。

と言われて作ったのがこの曲だそうです。

歌詞とメロディとボーカル宇都宮さんの声がとても合っていて、

ない気持ちになる名曲だと思います。

スポンサーリンク

木根さんの提供楽曲一覧

SERIKA with DOG「CAN TRY AGAIN-TO TK-」「Highway Bus Station」(作曲)
浅香唯 「Melody」「雨が雪に変わった夜に」「スターシップ」

「Good-bye celebration」「Street Rock」

村井麻里子 「どうしようもなくLove Affair」「TWO CANDLES」

小森まなみ 「両手いっぱい菜の花にして」「1999・地球(ほし)に願いを…」

彩恵津子 「なぐさめよりもエールを送るよ」

佐々木ゆう子「PURE SNOW」「GRADUATION」「ギュッと ずっと…」

(作曲・プロデュース)

椎名へきる「jungle Life」「嵐のち晴れ」「眠れる森」「あしたは消えない」

「FutureStar」「MOTTOスイーツ」「Love Your Name」「LOVE TOMORROW」「ひとつの愛になりた

い」「Believe」「afresh!」「feel for you,beat forme」「pure〜いつか、きっと〜」

「Red」「PROUD OF YOU」「Rolling Lonely Diamond」「レヴェランス」「ファンタジア

」「Little by Little」「Always」「熱風」「Clear Sky」「このまま」「ロックンロー

ル・ラヴレター」(作曲)「Happy Bitrthday 〜愛のランナー」(作詞・作曲)
清水まなぶ

宇都宮隆 「あてのない闇」「HUNDRED NIGHTS, HUNDRED STORIES」「REASON」

大賀埜々 「Close to the night」

南野陽子 「うつむきかげん」(作曲)

渡辺美里 「eyes」「言いだせないまま」「BORN TO SKIP」「さくらの花の咲くころに」

「Kick Off」「こぶし」「No Side」「私が好きな孤独」「点と線」(作曲)

日置明子 「Winter comes around」「Reflections」「Clover」(作曲・プロデュース)

吉田栄作「LULLABY〜夢のままで〜」

葛城哲哉「LOVE SONGは歌わない」「愛してることがあたりまえになるほど」

岸谷五朗「明日、吹く風」

皆川純子「ネギま! 麻帆良学園中等部 2-A:12月 雪広あやか〜雨上がりの天使」(作曲


前田愛「keep on」「On The Hill 〜風を感じて〜」(プロデュース)

木村由姫「何故…」「幸せへの痛み」

田山真美子 「Timeless Garden」(作曲)

tohko 「YESTERDAY’S DREAM」「seven colors」(作曲)

近藤名奈 「ひとりじゃないから」(作曲)

林建亨 「發射」「太陽.自由.我」(作曲)

清水まり子「孫つれて」(作曲)

田中裕子「恋と愛の距離」(作曲)

コロッケ「Just A Lonely Man」(作曲)

井上和彦「Anixious」「風の香り」(作曲)

大谷健吾「Dear Girl Friend」(作曲)

仲代奈緒「風の街角」「夢のかけら」「見つめていたい」「あなたが遠い」(作曲)※配信のみでのリリース

SAKANA「Frozen Flowers」(作曲)

石上久美子「夜桜三郎…女形」(作曲)

寿美菜子「つきのひかり」(作曲)
出典元:wikipedia

木根尚登さんの才能③:小説家

木根さんは小説家としての顔も持ち合わせています。

TMネットワークのアルバム「CAROL」の世界観を小説化した木根さんの処女作です。

私も中学時代に購入しました。。

初めて書いたとは思えないくらいに完成度が高い作品だと思います。

CAROLの世界観に引き込まれて、一気に読破してしまいました。。

その後もCAROLに続く小説第2弾として「ユンカースカムヒア」など10作以上世に出しております。。

小説:CAROL

 

 

 

 

 

 

出典元:amazon

まとめ

木根さんがエアギターだったということは以前から知られていましたが、

それはあくまでエレキギターの弾き方がわからなかっただけで、

ギターは弾けるわけです。ただそれだけでなく、木根さんのマルチな才能はお分かりいただけたかと思います。

今回の「しくじり先生」では主にエアギターというウソを突き通したことでのしくじり

を話していただけるようですが、

ファンでも知らなかったことを教えてもらえるのでしょうかね。楽しみです。

【放送日】
2016年1月11日(月)  19時00分~21時48分
しくじり先生 俺みたいになるな!! 3時間スペシャル」

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事:亀田大毅が「しくじり先生」に出演!今何してんの?ボクシングより絵描き好きってホント?

スポンサーリンク

3 件のコメント

  • なるほど?!
    要するに、元々キーボードが担当という訳でエレキを演奏できる器じゃなかったから
    代わりのギターの演奏家を当時のTMサイドで雇った訳だな⁉

    以前にライブの映像や当時の歌番組にTMが出演披露した際にも
    木根氏がエレキのギターを持って演奏してても、
    木根氏自体がギター音を鳴らして弾いてた姿なんか見なかったから
    将に、木根氏がキーボードと根っからのピアノ奏者であることがはっきりと伺えたし、当人もアコースティック式のときにしかギターを演奏してなかったのもライブや雑誌の資料で発見済だし
    その部分を整理したら、当時のサポートギタリストとしてTMのツアーに参加していた松本孝弘や北島健二も、B,zやフェンス・オブ・ディフェンスとそれぞれの自分たちのバンドで成功しているし、
    他の歴代のサポートメンバーも、ソロアーティストやアクセス(浅倉大介のバンド)、J・POPプロデューサーで日本の音楽界をリードしているし、嘗てのサポーターが第一線で活動できる基礎を築き上げたのは、将に木根氏のギターを引けないという影タネ明かし的な格好がなくして他ならないという功労的な証である❗

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です