「マツコの知らない世界」で楠田枝里子が絶賛するチョコレートとは


2016年1月12日の[マツコの知らない世界]

楠田枝里子さんから世界のチョコレートについて紹介していただきました。

放送中に紹介されたチョコレートについて、

見ていきましょう。

前回の記事と楠田枝里子さんについてはコチラ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
関連記事:「マツコの知らない世界」でバレンタイン前に知らないと損するチョコを紹介

関連記事:バレンタインには願掛け毒林檎を渡そう!黒猫魔術店が期間限定で発売

 

スポンサーリンク

楠田さんオススメのチョコ

ピエール・マルコリーニ

〈パレ ファン〉9枚入り ¥2646(税込)

parefan

 

 

 

 

 

 

 

出典元:http://www.chocolabo.com

黒ゴマのプラリネを抹茶でサンドした

「和」を追求したチョコレートですね。

「ガーナ スローロースト」(9個入り ¥2,520)

garna

 

 

 

 

 

 

 

 

出典元:http://www.vogue.co.jp

カカオ78%の心地よい苦味が特徴。

ピエール・マルコリーニ至高の生チョコレートだそうです。

スポンサーリンク

ジャン=ポール・エヴァン

ラ サンセリテ(1月27日より販売)

jan2

 

 

 

 

 

出典元:http://www.jph-japon.co.jp/product/

カカオを最大限に引き出すために胡椒を配合。

ジャン=ポール・エヴァンさんは自宅に20種類の胡椒を持っていて

料理に使っているほど、胡椒にはこだわっているそうです。

チョコレートの上段はカカオのみで左から

ペルー産、マダガスカル産、ブラジル産となっています。

下段は上段のチョコに胡椒を配合しているのです。

左からジャマイカ産、インドネシア産、スリランカ産の胡椒となっています。

マツコさん曰く「胡椒が入っている方が食べやすい」とのこと。

 

パトリック・ロジェ

プラリネの魔術師と呼ばれる天才ショコラティエです。

プラリネとは砂糖を熱してカラメル状にし、

ローストしたアーモンドやヘーゼルナッツを混ぜ合わせ、

すりつぶしてペースト状にしたものを、

溶かしたチョコレートに混ぜたものをいいます
出典元:Weblio辞書

ショコラアソートカラー

roje

 

 

 

 

 

 
食べたマツコさんは「中身がほとんど液体!」と叫んでいました。

残念ながら日本では購入できないようです。

「パリに飛んでください。」と楠田さんは仰っていました。

 

ジャック・ジュナン

独学でチョコを極めた天才ショコラティエ

ボンボンドショコラのアソート 約4000円

jack

 

 

 

 

 

 

見た目からして綺麗ですね~

これも日本では購入できないとのことです。

 

土屋公二さん

〈ミュゼ・ドゥ・ショコラ テオブロマ〉スペシャリテ2016 4個入

specialite2016

 

 

 

 

出典元:http://item.rakuten.co.jp/pfrau/8800151/

パリで開かれた「サロン・デュ・ショコラ」で

外国人部門優秀賞を取りました。そのときの作品です。

一番右のチョコレートは「日本の夜」というタイトルがついていて、

しそ」と「わさび」が入っているそうです。
パリが本家のサロン・デュ・ショコラ

1月26日(火)~31日(日)まで新宿から始まり、

全国7都市でサロン・デュ・ショコラが開幕するそうです。

そこでしか会えないショコラティエや、

そこでしか買えないチョコがあるそうです。

お近くの方は行ってみてはいかがですか。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

前回の記事と楠田枝里子さんについてはコチラ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
関連記事:「マツコの知らない世界」でバレンタイン前に知らないと損するチョコを紹介

関連記事:バレンタインには願掛け毒林檎を渡そう!黒猫魔術店が期間限定で発売

スポンサーリンク