ストレスがどれくらいかかっている状態なのか20個の質問からチェック!

Pocket

 初期に現れる症状と
慢性的ストレスの症状も4つずつ紹介します。

 

20の質問
下記の20の質問の中で
何個自分に当てはまるか数えてみて下さい。
① 約束の時間に遅れることが多い
② つい食べ過ぎる傾向がある
③ 最近、くつろいでいる余裕がない
④ ご飯の時間が短い
⑤ 胃が痛む

⑥ 頭が重くなる時がある
⑦ 温度の変化に敏感だ
⑧ 動悸がする
⑨ 以前より疲れやすくなっている
⑩ 寝つきが悪い

⑪ ちょっとしたことが気になる
⑫ 緊張する場面が多い
⑬ 憂鬱になることがよくある
⑭ 夜中に目が覚めることが多い
⑮ 起きると気分が良くない

⑯ 何もかもおっくうな時がよくある
⑰ 今ある環境が好きではない
⑱ 自分の能力以上のことをしていると思う
⑲ 仕事や勉強の量が多い
⑳ 人間関係が上手くいかない

 

当てはまる数が
0~2個問題なし
今の状態を続けていれば全く問題ありません。

3~6個平均的
 普通に社会を生きている人なら多少のストレスは抱えるもの。
 今後気を付ける必要はありますが、今すぐに問題になる可能性は低いです。

7~12個注意
 黄色信号です。
 休んだり、環境を変えたり出来るのがあれば
 そういったことも視野に入れてみましょう

13個以上生活を見直そう
 もし心や体が優れていない状態なのでしたら
 きちんと病院などに行き診察をしてもらって欲しいところ。

これで数が多かったからと言って
100%危ない状態なわけではないですが、
やはり危険な状態な可能性が高いと言えます。

 僕の知り合いでも
 ストレスが原因で、倒れて入院することになった人もいました。

そうなる前に、
 早めの対策をとって頂きたいと思っています。
また、数が少なかった人であっても
絶対大丈夫という訳ではないので、
ストレスが大きくかかる状態を日常で長く続けていないか
 あらためてチェックしてみて下さい。
 

早い段階でストレスに気付こう
ストレスには初期症状と慢性症状に状態を分けることができます。
それらの主な症状を4つずつ紹介させて頂きます。
初期症状の状態4つ
目・肩・背中・腰が疲れやすい
体はまず、あまり強くない部分や負担がかかりやすい部分に異変を感じます。
 「目が疲れてる」「肩が凝ってる」みたいなことは
 ほとんどの人が経験していることですが、

それの大きな原因の1つがストレスであるということは
 それほど知られていないように思います。
起きるのが辛い
あなたが全く疲れていない状態だとしても
「明日楽しいことがある!」って時と
「明日辛いことがある…」って時なら
前者の方がすっきり起きられるはずです。

つまり「起きれない」ってことは
未来にストレスを感じていることが理由でもあります。
また、「夢をよく見る」のも
睡眠が浅くなっているからです。

 気を付けてみて下さい。
頭が重くなる
ストレスは脳の神経とも繋がりがあるので
頭にも症状が出やすいのです。

なんだか重たい、気分がすっきりしないって時には
 リフレッシュの時間を設けることも大切。
手足が冷たくなる
血行が悪くなりやすいため
末端の手足の血液循環に影響が出る事も。

もう少しそれが続くと
立ちくらみなんてする場合もあるのでご注意を。

 

慢性症状4つ
疲れがとれない
「疲れる」だけじゃなく
「その疲れがとれない」となってくると、
 初期症状ではなくなってきた1つの目安です。

すぐに疲れる状態が続く場合もそれに当たります。
何もする気が起こらない
一定の負荷がかかり続けると
脳は「もうストップして」と合図を出してきます。

やる気が大幅にダウンしてきた時は
ちゃんと休むことも大事ですよ。
風邪が治らない
免疫力が高い時には数日で完治できるのが
低くなってしまうとなかなかそうはいきません。

 風邪とは違いますが
口の中が荒れたりしている時も
免疫力の低下が原因と言えます。
食欲がない
たとえ好きな食べ物であっても
「食べたい!」「美味しい!」と思えなくなってくることも。

ただ栄養補給のために口に運ぶという状態は
疲れて体が感動しにくくなっていると言えます。

早期の対処が一番大切
現代人として生きていく中で
 ストレスを全く感じずにいられる人なんてほとんどいません。

 大事なのは自分の心や体と対話しながら
「今自分に負荷がかかっている」と認識し
 それを軽減することです。
 止められることは止め、
 減らせるものは減らし、
ストレス解消をする時間を設けるようにして下さい。
 近年ではストレス診断をシートテストで行う会社も増えていますから
重症になる前に気付ける人が増える事を願っています。