U-23サッカーイラクに勝てばリオ五輪出場決定!ドーハの悲劇を繰り返すな!

U-23日本代表
Pocket

1月26日にU-23イラク代表リオデジャネイロオリンピック(リオ五輪)

出場権をかけて準決勝を迎えます。

勝てばリオ五輪出場決定の中、サッカーファンなら忘れもしない

ドーハの悲劇

あの時もカタールのドーハで開催され、

相手はイラクでした。

そして引き分けてワールドカップ出場を逃したのです。

そんな嫌な思い出を払拭するのに日本代表に有利な情報があります。

関連記事:リオ五輪サッカー日本代表のオーバーエイジは必要か?2月中にも結論へ

スポンサーリンク

リオ五輪に行くためには

準決勝に駒を進めたのは4チーム。
日本
イラク
韓国
カタール
この中の3チームがオリンピックに出場できるのです。

準決勝イラク戦で勝てばリオ五輪出場権が得られます。

もし、負けた場合でも3位決定戦で勝てば良いのです。

ただ、3位決定戦にはまわりたくないのが本音です。

 

韓国が来た場合、日韓戦になるわけです。

過去の日韓戦を見ても、拮抗した勝負になるのは目に見えています。

そして日本戦になると韓国民の血が騒ぐのか、

日本には負けられないというプラスαの力が出るそうです。

とても厄介な相手です。

 

カタールが対戦相手となった場合でも、

実力的には日本の方が上と見ていますが、

嫌なのが地元開催で且つオリンピック出場が掛かっている大一番になるので、

サポーターが大挙することでしょう。

完全なアウェー状態が出来上がるのです。

審判の笛もカタール寄りになるのではないでしょうか。。
いずれにしても、3位決定戦はオリンピック出場決定戦なので、

激しい試合になることは間違いありません。

イラク戦に勝つことだけを祈りましょう。。

イラクに勝つための有利な情報

1,日程面
  
日本はイラクよりも1日休みが多いので、

コンディションにおいてはイラクよりも有利に働くと思います。

また、イラン戦には南野、大島ら主力数名出ていなかったため、

イラク戦に合わせて調整していると思うので、

いい状態で臨めるでしょう。

 

2,主力が累積警告で出場できない

累積警告は予選から準々決勝までカウントされます。
イラクの主力である、

15番:ディフェンダー登録のSAFAA JABBAR FARHAN

3番:ディフェンダー HAMZAH ADNAN LAFLOOF

は準々決勝のUAE戦で警告(イエローカード)を受けて

累積2枚目となったため、日本戦には出場できません。

主力2名が不在というのは日本にとって追い風になるでしょう。
ちなみに日本では準々決勝までに

鈴木武蔵選手と、大島選手、遠藤選手、室谷選手が

1枚もらっていましたが、

準決勝からは累積警告はリセットされますので、

思い切ってプレーできますね。

 

3,主将の追放
予選リーグの韓国戦とイエメン戦にスタメン出場していた

6番:ミッドフィルダーの SAIF SALMAN HASHIM

をイラクチームから追放するというニュースが飛び込んできました。
彼はキャプテンでありながら、

娘が病気で死ぬかもしれない

と嘘をつき、チームから離脱しようとしていたというのです。

過去日本チームが対戦して負けた時にも出場していた選手で、

ここに来てキャプテンが追放ということは、

少なからずチームにとって影響でるかもしれませんね。

そもそもなぜ嘘をついてまで離脱しようとしていたのかが

分からないところです。

負ければ「終わり」の大事な準々決勝で

ベンチ入りすらさせてもらえなかったので、

このニュースは本当なのでしょう。

スポンサーリンク

イラクにもあった絶対に負けられない戦い

イラク史上最強といわれるU-23世代ですが、

2003年にイラク戦争が勃発し、戦地となってしまったため、

サッカーをするにも路上でしかできなかったようです。

そんな厳しい環境の中、彼らが成長し、

数々のタイトルを獲ることでイラク国民の楽しみの一つになったわけです。

選手たちはイラク国民全てに喜びを与えたいとプレーしているのです。

 

また、昨年3月23日、チームメイトであるザフラ選手が

爆弾テロに巻き込まれて亡くなりました。19歳でした。

イラク代表 故ザフラ選手

出典元:http://www.footballchannel.jp/2015/03/25/post78978/

19歳でU-23代表に選出されるということは

とても才能ある方だったと思います。

イラクの選手たちは

「できることならザフラはこの場に居て欲しかった」

「ザフラの使命も背負って皆を喜ばせたいと思っています」

と語っています。

イラク国民の喜びの為、志半ばで夢を絶たれた仲間の想いを

背負っているイラクチームとの戦いは厳しい試合になるでしょう。

まとめ

日本がイラクに勝つための有利な情報をお伝えしましたが、
試合が始まってしまえば、

あとはオリンピックに出場したい気持ちが強い方が勝つと思います。

ドーハの悲劇」を「ドーハの歓喜」に変えてやりましょう!!

関連記事:リオ五輪サッカー日本代表のオーバーエイジは必要か?2月中にも結論へ

スポンサーリンク